先輩紹介

検索条件を選択しなおす

▼画像をクリックすると、紹介人物を入れ替えることが出来ます。

検索結果

プロフィール

社員

柴田 真理
入社年 2014年
部署  顧客製品開発部門
担当業務  DC機メカ設計
趣味  トロンボーン、周辺散策
私の仕事

断裁機「DCシリーズ」の機械設計を行っています。現在は小規模変更する製品のメカ設計の主担当として、ハード、ソフト担当者とはもちろん、マーケティング・製造・調達など他部門とも協力し合いながら、お客様に満足と驚きを提供できる製品作りに関わっています。

現行機の機能アップという小変更ではありますが、研修後すぐに主担当という大事な仕事にプレッシャーを感じつつも、諸先輩方のアドバイスに助けられながら仕事を進めています。

デュプロ精工に決めた理由

会社説明会でデュプロ精工に訪れた際に、社員間のアットホームな空気に好感を抱いたことがきっかけです。また新人研修を1年と長くとっていることから、社員をひとりの技術者として大事に育てようと考えてくれていると感じたことも決め手となりました。

説明会に行くまでの事前情報では、まだ印象はぼんやりとしていましたが、実際に説明会で先輩社員との懇談や会社の空気に触れたことで、はっきりと印象がつかめ、ここで働きたい!と強く思えました。

仕事をしていてよかったこと、苦労したこと

自分が改良、検証を重ねた機械が1台の製品として組み上がり、お客様がご使用になる1つの商品となることに大きなやりがいと喜びを感じることができます。

設計業務で面白いのは、求められる処理精度を満たすために自分の手で部品を追加加工、改造を重ねていく過程です。
どのような設計思想、図面の書き方が必要なのかはもちろん、部品変更により他部門との連携も必要となってきますので、部門に関わらず先輩方のアドバイスを受けながら日々試行錯誤しています。

私の失敗により、他の社員の時間を無駄にしてしまうことは多々あり、反省する日々です。しかし失敗から学び、同じ失敗を繰り返さないよう責任をもって行動しなければと痛感しています。

メッセージ

自分がよりよい環境で、ひとりの社会人として成長できるように、自分にも会社にも全力でじっくり向き合うことを心掛けて下さい。

面接は緊張すると思いますが、向き合って感じたことを自分の言葉で話すことができれば、面接官も理解してくれると思います。私の場合、ゆっくり深呼吸することで、落ち着いて話すことができ、自然と笑顔になれましたよ。試してみてください。

就職活動中は心身共に疲れがちですが、将来なりたい自分になるための貴重な節目のひとつです。自分の気持ちを大切にしながら頑張ってください。

ある一日のスケジュール

photo

製造部門と打ち合わせ

photo

改造部品の検証中

photo

検証内容をまとめ中

08:00出社、ラジオ体操、朝礼
08:10メールチェック、図面作成
改良部品の図面を作成し、調達部門へ発注依頼をします。
10:10他部門との打合せ
機械の設置手順、組立方法について打合せをします。
12:20昼休憩
13:10機械改造
以前に発注した部品が納入されたので、機械に組み付けていきます。
15:00休憩
ひといき休憩です。
15:10検証
改造が終わったので検証を行い、結果を確認します。
18:30成果(進捗)まとめ
検証結果をまとめます。
今日の進捗具合から明日以降の予定を検討しておきます。
19:00帰宅
お疲れ様でした。