先輩紹介

検索条件を選択しなおす

▼画像をクリックすると、紹介人物を入れ替えることが出来ます。

検索結果

プロフィール

社員

池下 裕樹
入社年 2013年
部署  顧客製品開発部門
担当業務  ソフト設計
趣味  ネットサーフィン
私の仕事

私は現在入社3年目で、主に多機能断裁機カッタークリーサのソフトウェア開発設計業務に従事しています。
メカ仕様やハードウェア仕様を確認し、各機構部の設計者とコミュニケーションをとりながらソフト設計を行います。
学生時代にメカコンの経験が無くまだまだ初心者ですが、お客様のことを考えながら、成果物仕上がり精度の向上や処理速度の向上を目指しています。

デュプロ精工に決めた理由

中学生の頃、部活で教材の雑誌に載っていたHTMLで動く電卓のプログラムを、Windowsのメモ帳アプリに書き写してブラウザ上で実際動いた時に「プログラムって面白い!」って感じたことがきっかけで、プログラム設計に興味を持ちました。

大学の授業で行うプログラム演習は計算結果を出力するようなものばかりで、何かを作っている感覚というのはあまりありませんでした。

しかしながら、「プログラムの勉強をしてきたことを活かしたい!自分の作ったプログラムでモノを動かしたい!」という気持ちが第一でした。

その上で、地元でモノづくりを楽しみながら仕事ができる会社を探している時に、デュプロ精工を見つけました。

仕事をしていてよかったこと、苦労したこと

プログラマーとして初めてメインで担当したのが、カッタークリーサDC機のソフト設計です。
デバッグ業務の経験しかなかった私に、突然先輩から「次機種のメインのメカコン担当ね!」と
言われて驚きましたが、お客様に良い商品だと言ってもらえるよう精一杯取り組んでいます。

プログラム作成というのはコーディングの最中にバグを入れてしまいますので、コーディング終了後、すぐに機械が正しく動作することはなかなかありません。簡単に修正できるバグだとすぐに解決できますが、中にはデバッグ作業で数日使うこともあります。たとえ小さな機能であったとしても正しく動作した時はやりがいを感じます。

失敗と言えば、プロジェクトチーム内で情報共有ができていなくて、メカ設計担当者の意図に合わない動作に何日も気づかずコーディングしてしまったことがありました。一通りデバッグして出来た!と思ったら、その制御は仕様を満たしていない・・・なんてことも。

プロジェクトを進める上で、チームメンバーとのコミュニケーションはとても大切です。朝礼や定例会など意思疎通の機会を増やし、機能実装前には詳細仕様を細めに確認をするよう心掛けています。

メッセージ

面接や適性試験より、まずは会社が何をやっているかを知ることが大切だと思います。
入社前に自分の思っていた仕事と、入社後の実際の業務に違いがあるのは当然だと思いますが、それが理由で仕事が嫌にならないためにも、できるだけたくさんの会社説明会に参加したり、企業のホームページを参考に「会社を知る」研究をしてみてください。

ある一日のスケジュール

photo

ソフト設計講習会中。

photo

コーディング中。

08:00出勤、ラジオ体操、朝礼
朝礼後、メールチェックを行います。
08:30ソフト設計講習
先輩方からソフト設計の基礎やノウハウを教わります。
10:00休憩
10分間ブレークタイムです。
10:10コーディング
設計仕様を元にソフト設計をしていきます。
12:20昼食
13:10チーム定例会
業務の進捗や仕様についてチームメンバーで情報共有します。
15:10デバッグ
午前中に作成したプログラムが正常に動くか慎重に確認していきます。
17:00設計文書類編集
19:00帰宅