先輩紹介

検索条件を選択しなおす

▼画像をクリックすると、紹介人物を入れ替えることが出来ます。

検索結果

プロフィール

社員

外薗 恒治
入社年 2005年
部署  顧客製品開発部門
担当業務  マーケティング
趣味  音楽鑑賞
私の仕事

主にDEC製品のマーケティングを担当しています。既存機のモデルチェンジ案を検討しながら、デュプログループ各販売会社の窓口として、営業担当のフォローを行っています。
既存機のレベルアップ、またお客様から要望される製品はどういったものかを把握する為にも、時には販売会社を通じお客様先に訪問してヒアリングを行ったり、また展示会にアテンド員として参加し、現在市場ではどのような製品が求められているのか?の情報を日々取り入れるようにしています。

デュプロ精工に決めた理由

大学では機械工学を学んでおりましたのでその経験を活かし、早く設計業務に関われる会社を希望していました。
若い内からプロジェクトに属し、設計者として一線で活躍されている先輩方を見て、自分も早く一員になりたいと思い、数ある企業からデュプロ精工への入社を決めました。
入社して7年間は設計業務に携わっていました。

仕事をしていてよかったこと、苦労したこと

担当する機種において、お客様先に機械の持ち込みデモを実施し、受注を得られた時にやりがいを感じます。1回のデモで成功するとは限らず、お客様の要望に応える為課題を持ち帰り、繰り返し検証を行う事もあります。受注に至るまでの苦労も多いですが、最終的にお客様に納得頂いてご購入頂けた時は、やり続けて良かったなと思います。
また、納品後に再度訪問しお話を伺った際、「以前より倍ほど作業効率も上がり大変助かっている」「購入して良かった!」なんてお声を頂いた時の喜びはひとしおです。

今後は、設計業務の経験を活かし、自分がコンセプトを立ち上げた製品において、設計段階でも携わり、自分の手でお客様にご提案したいと思っています。自分が企画した製品であれば、より一層思い入れも深くなりますし、またお客様へのご要望に対して可能か否かの判断も迅速に対応できるようになります。設計とマーケティング双方の経験を生かした仕事をすることが目標です。

メッセージ

なるべく多くの会社説明会に参加し、自分がその場で働いているイメージを意識するよう心掛けて下さい。自分がやりたい仕事がここでは出来るのか?常に意識する事で自ずと「ここで働きたい!」と思える会社にきっと出会えるはずです。
また、設計業務を行うだけが「ものづくり」では無く、こんな製品を作りたいと企画立案したり、そのための市場調査をする事も「ものづくり」の一環です。一つの業務にこだわるのも大切ですが、広い視野をもってどんな仕事がやりたいかを考えながら就職活動に勤しんでください。

ある一日のスケジュール

photo

デモ機リストを確認中。
デモ機の貸し出し状況は・・・

photo

設計者と検証中。
こうしたらお客様の要望に応えられるかも!

08:00出勤
ラジオ体操で体を動かし、朝礼で業務の進捗を確認し合いながら1日がスタートします。
08:10メールチェック、各種書類処理
販社からデモ機の貸出依頼書等、書類関係の処理を行います。
09:00電話対応
デュプロ各販売会社からの問い合わせ対応。
お客様先への提案機種について仕様や価格など詳細の確認。営業マンが外回りする前の時間帯で、このタイミングは特に電話が多いです。
10:10デモ同行
デュプロ販社の営業マンと、お客様先へ製品のデモに同行します。
15:00検証
会社に戻り、お客様先で頂いた要望に対して設計者等に相談しながら検証を行います。
17:00電話対応
お客様先で要望された内容について営業マンから相談の電話。ちょうど営業マンが帰社する時間なので、この時間帯も電話が多いです。
19:00帰宅
今日の業務は終了!お疲れ様でした。