先輩紹介

検索条件を選択しなおす

▼画像をクリックすると、紹介人物を入れ替えることが出来ます。

検索結果

プロフィール

社員

熱川 奈美
入社年 2011年
部署  顧客製品開発部門
担当業務  ソフトウェア設計
趣味  料理、ドラマ鑑賞
私の仕事

最近は「バースター」という伝票をミシン目に沿って切り離す機械のソフトウェア設計をしていました。
今回設計を行ったのは大きく分けて、機械を動作させて処理を行う部分と、お客様が操作するパネルの表示部分の二つがあり、それぞれ仕様を満たすだけでなくより良く出来ることを考えます。
例えばこの機械においては、裁断の安定、処理中の音の軽減、操作性の向上を中心に取り組んできました。
ソフトウェアの設計の他にも、チームの一員として仕様の検討を行ったり、操作フローを考えるのも私の仕事です。

デュプロ精工に決めた理由

私はソフトウェアの設計をしたいということくらいしか決めずに就職活動をしていましたが、この会社ではソフトウェアの設計だけではなく、設計前の仕様の検討から、設計後の動作確認・評価テストまで自身で行えるという点に魅力を感じました。
学生時代にメカコンの経験はありませんでしたが、造っている機械に興味があったということもあり、やってみたいと思ってここに入社を決めました。
他にも、社風が気に入ったということや、勤務地が和歌山で車通勤が出来ることなど、ここで働きたいと思った理由は色々あります。

仕事をしていてよかったこと、苦労したこと

自分の設計した機械が動く瞬間がやっぱり一番嬉しいです。最初はなかなか思い通りには動きませんし、実際に機械が動くということは制御次第では機械を壊してしまうということでもあるので、最初は怖い思いをしながら確認を進めることもあります。ようやく動くようになったと思っても仕様変更で修正が必要になることもありますし、例えば特定の用紙が切れないといった問題で対策を考えても思うようにいかない等、苦労が絶えません。そうしたことを繰り返して開発した機械が完成した時の達成感はとても大きく、やりがいを感じます。

設計した機械はいずれも思い入れがあるのですが、特に印象に残っている仕事は印刷機のパネル表示のソフトウェア設計です。もともと違う事業部の設計担当だったのですが、ヘルパーとして一部を任せてもらえる機会があったのです。学生の頃から印刷機に興味を持っており、志望動機には印刷機のパネルのソフトウェア設計をしたいと書いていたくらいなので、とても嬉しく思いました。カラー液晶のタッチパネルを初めて採用した機械でもあったので、難しくもありましたが、こだわった設計が出来ました。

仕事をする上で、何の為に製品を造っているのかということは常に意識するようにしています。機能を追加する等、より良い製品になるような設計をしたと思っていても、それでお客様が喜んでくれなければ自己満足で終わってしまうからです。特にソフトウェアの設計職はお客様の声を聞ける機会が少ない為、客観的な視点を持ち続ける努力が必要だと思っています。例えば操作性の検討では、機械に不慣れな人に使ってもらって意見を取り入れるようにしています。

メッセージ

就職活動中は色々悩むことがあり、嫌になることもあるかと思いますが、分からないなりにも自分が何をしたいかや、どうなりたいかを考えて活動して下さい。最初はよく分からなくても、業種の調査や、説明会の参加を繰り返す事で少しずつ分かるようになってくると思います。将来後悔しない為にも、なるべく早く活動を開始し、本当に働きたい会社を見つけて下さい。そして見つかった時にその思いをきちんと伝えられるよう、準備をして備えることが大切です。頑張って下さい。

ある一日のスケジュール

photo

photo

photo

08:00出勤、部門朝礼
08:10メールチェック、ソフト作成
仕様に従ってプログラミングします。
12:20昼食
13:10チーム打ち合わせ
進捗報告や問題点の共有をします。
14:00ソフトデバック
仕様通りになっているか確認します。
17:10資料作成
制御仕様や測定したデータを資料にまとめます。
19:00退社