先輩紹介

検索条件を選択しなおす

▼画像をクリックすると、紹介人物を入れ替えることが出来ます。

検索結果

プロフィール

社員

平塚 広樹
入社年 2005年
部署  顧客製品開発部門
担当業務  ハードウェア設計
趣味  バレーボール、水泳
私の仕事

私は、ハードウェア設計をしています。
現在は、当社としても新しいカテゴリである”再生紙事業”の新製品のハード設計に携わっています。メカ設計が決めた仕様をもとに、ハードウェア全般の設計に関ります。任される範囲が広いので、開発者として視野が広がる仕事です。

デュプロ精工に決めた理由

デュプロ精工は、”部品の選定から製品まで、一貫して自社で行っている”というところに惹かれました。実は私の実家が新聞販売店で、そこでデュプロ製品を使っていたんです。ですからデュプロの名前もよく知っていました。
また、会社見学に訪れた際、働いている人達の親切な対応や、昼休みに社員の人達がバトミントンをしている姿を見て、いい雰囲気の会社だと思い、この会社を志望しました。

仕事をしていてよかったこと、苦労したこと

1年間の研修期間を終えた後、開発に配属され、先輩が基本設計をした機械を引き継ぎました。何分わからないことが多くて失敗ばかり、量産直前までプロジェクトメンバーにも迷惑を掛けてしましました。初めてのことが多く苦労しましたが、製品の出荷の時には初めてモノづくりができたという喜びを実感しました。
私はハード設計は製品開発の基本中の基本だと考えています。ハードが正しく機能しなければ、メカにもソフトにも影響がでますから責任も大きい。だから、苦労して設計した試作機が想定通りに動作したときは、今までの疲れも吹き飛びます。
今までハード設計者は、お客様から直接意見を聞く機会がありませんでした。でも社内の組織変更で、これからは販社に出向いたりお客様と直接会うチャンスもあります。これからは、もっとお客様のニーズに応えた製品づくりをしたいですね。

メッセージ

当社は年齢に関係なく、気軽に「さん」付けで話せるので新人でも働きやすい環境です。
就職活動では色々な会社を訪問して、自分のやりたいことを見つけてください。
モノづくりに興味があるなら、ぜひ当社の説明会に参加を!皆さんに会えるのを楽しみにしています。